ニャオワンの効果検証!足のニオイは本当に消えるのか?

ニャオワンは足の臭いが本当に消えるのでしょうか?

ニャオワンが女性雑誌などで取り上げられた後、SNSでも話題となり人気がジワジワと上がってきている足の臭いケアのニャオワンですが、実際のところどうなのか?徹底検証しました。

足が臭う理由

足の臭いについて悩んでいる女性って実は多いんです。

足が臭くても人に相談できないし、自分は臭わなくても周囲の人には臭っているかもしれないと不安になることってありませんか?

特に1日中ストッキングにパンプスを履いて仕事をしていると汗をかいて靴の中はムレムレです。かいた汗が冷えて足先が冷たい…そんな経験をしたことがある人も多いはず。

足は1日でコップ1杯分もの汗をかきますが、実は足が臭くなるのはこの汗のせいではありません。

 

実はこの汗、「無臭」なのです。

 

足が臭い理由は雑菌の繁殖によるものですが、根本原因は足についた古い角質や皮脂などの垢、爪の間の汚れなどが原因です。

汗をかくとこれらの足の汚れを分解しようと元々皮膚にいる常在菌が活発に働いて悪臭を放ちます。

足の臭いを根本から消す方法

足の臭いを根本的になくすために一番大切なのは”角質ケア”。足の角質は毎日洗っても溜まりやすいので清潔に保つことが大切です。

しかし、ここでの注意点は「足を洗いすぎないこと」です。

「足を清潔に保つために足を洗いすぎないってどういうこと?」と思いますよね。
それは、足を洗いすぎることによって肌を清潔に保つなど、肌にとって良い働きをする常在菌まで全て洗い流してしまうからです。

 

特にこの良い常在菌は”弱酸性”の環境を好むのですが、肌に良くない雑菌は”アルカリ性”の環境を好みます。

石鹸成分は雑菌が大好きなアルカリ性なので、足をゴシゴシ洗いすぎると良い常在菌が減ってしまい、悪い雑菌の働きが活発になってしまいます。

清潔に保たなければいけませんが洗いすぎには注意しなければいけないので、加減がむずかしいですね。

そして、足は自然に汗をかきますが、できるだけ天然素材の吸湿性の良い靴下などを選ぶようにするのも良い方法です。

足の臭いを根本からケアするためには3つのケアが大切です

1・足の角質を取り除く

2・足を清潔に保つ(洗いすぎない)

3・できるだけ汗を抑える工夫をする

 

しかし、3つのケアは今まで普通にやってきのではないでしょうか?

それなのに足が臭ってしまうのは足は古い皮膚や角質が体のほかの場所に比べて多いので、普段のケアでは追いつかなくなっているのです。

普段のケアにプラスアルファで特別なケアが必要です。

ニャオワンで本当に足が臭わなくなる?

ニャオワンは「今まできちんとケアをしているにも関わらず足の臭いが消えない」などの悩みを抱える人は試す価値があります。

ニャオワンは24時間足裏を快適に保つ強力な成分が配合されています。
皮膚を正常に保つEGFと抗酸化作用が強いフラーレン。
この2つの成分はノーベル賞を受賞していて足裏に有効に働きかけます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸などの8つの天然美容成分で足裏の角質をケアします。
乳酸菌配合で足裏のアンチエイジングが期待できます。

足裏を清潔に保つためにレモングラスや牛乳などの3つのこだわり成分が配合されています。

香りは天然アロマ成分のティーツリーで瞬間的に臭いをケアします。

足の臭いの原因を取り除いて、24時間足を清潔にキープできるニャオワンは足の臭いが根本ケアできると人気の理由はここにあったんですね。

>>ニャオワンの公式サイトはコチラ

ニャオワンの効果検証!実際に使ってみました

SNSで人気でしたし口コミの評価もかなりよかったので、私も実際にニャオワンを使ってみました。

内容量60グラムは思ったよりも小さい容器です。
「1ヶ月もつかな?」と最初は不安になりましたが、かなり伸びの良いジェルなので十分でした。

容器が小さいので旅行などに携帯するのには楽そうです。

私は、夜お風呂の後と朝出かける前の1日2回、500円玉くらいの量を使用しています。

透明のジェルはつけると肌に浸透してすぐに乾いて、その後すぐにサラサラになりますので靴下やストッキングなど直ぐに履けるので時間のない朝でも大丈夫です。

香りは天然アロマの香りで殆ど匂いません。

私は使い続けて2ヶ月目になりますが、本当は2週間くらいで少し硬くなっていたかかと部分が柔らかくなってきて角質があまり気にならなくなってきました。

一日中ストッキングとパンプスを履きっぱなしですが、夜帰ってきても足の臭いが気にならなくなりました。

ニャオワンの公式サイトでは今40%OFFキャンペーン実施中です。